法律のプロを目指す、司法試験予備試験は計画的に

弁護士や裁判官、検事など法律のプロを目指す際に通る道が司法試験です。
しかし、司法試験を受けることができるのは法科大学院の修了者か、司法試験予備試験に合格しなければいけません。
一般に「予備試験」と呼ばれるこの試験は受験資格や受験期間の制限がないため誰でも受けることが可能です。
しかし、合格率は非常に低く難関試験でもあります。
それでも仕事をしながら法律のプロを目指したいと思う人や学部生にとって予備試験は人気のある試験でもあります。
予備試験は合計3回に分けて行われます。
5月に短答式試験、7月に論文式試験、10月に口述試験があり、それぞれの試験を突破しなければ次の試験に進むことができません。
そのため、まずは5月の短答式試験に向けての勉強を始めることが必要になりますが、後ろに控える論文式試験のことも意識をする必要があります。
短答式試験の合格率は20%程度ですが、論文式試験は短答式試験を合格した人のみが受験できますが合格率は20%程度です。
口述試験は論文式試験まで突破した人なら90%程度が合格できるので、論文式試験が終わってから対策を立てましょう。

http://www.1stopjapan.co.jp/language_english/

http://www.1stopjapan.co.jp/

経審対策も行っている札幌の税理士法人です

http://www.1stopjapan.co.jp/contract_translation/

国際産業基盤整備事業協同組合は日本語教育もバッチリ行います

最新投稿

  • 目指せ法律のプロ・司法試験予備試験短答式試験の要点

    毎年5月から始まる司法試験予備試験は、法科大学院を修了しなくても司法試験の受験資格がもらえるため、弁 …

    続きを読む...

  • 目指せ法律のプロ・司法試験予備試験論文式試験の要点

    司法試験予備試験は5月にある短答式試験を突破すると、次に7月の論文式試験が待ち受けています。

    続きを読む...

  • 法律のプロを目指す、予備試験の勉強はバランスが重要

    司法試験予備試験は法科大学院に行かずして合格すると司法試験の受験資格がもらえるということで非常に魅力 …

    続きを読む...

  • 法律のプロを目指す、予備試験の勉強に必要な時間は

    司法試験予備試験は合格率が3%台と非常に低く難しい試験です。
    しかし、予備試験を突破すると司法 …

    続きを読む...

お知らせ

一覧